アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
第1図書室日記
ブログ紹介
自由に日頃思ったこと。
アニメ・音楽、本が好きなので心に残ったものを書きます。
ホームページhttp://www.rak3.jp/home/user/miyantek/
ツイッターhttps://twitter.com/kouhei87

近況自由の翼
zoom RSS

絶望ノート

2018/09/17 12:10
9月。やりたくないけど何かやらないとという消極的な理由でやるのはきついですからね。やはり好きなことって自分にしかわからなかったりするんで自分の感覚は大切にしたいものです。

ここのところ小説だと歌野昌午さんのを中心に読んでいます。
葉桜の季節に君を想うということ、密室殺人ゲームシリーズ、女王様と私など。
本格ミステリなのが面白いです。クレイジーなお話も好きですね。
記事へトラックバック / コメント


ちょっと今から仕事やめてくる

2018/06/02 18:11
自分を信用するには他人から信用されることが大事でそうすれば他人、社会に対しても基本的に信用しやすくなるとか考えてた。
昔「ブラック企業に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」観たのなんか思い出した。学校やら会社やらあるけど嫌なことから逃げるっていうのが大切だと思っていて逃げるっていうと言葉が悪いけど選択できる自由をわかっている事が必要かなと。きついことを頑張るのが美徳みたいなのがあるけど他人に認められても自分が幸せじゃなかったら結局きついですからね。最悪自分がなかったら他人が望む行動をとりやすくなってしまうわけだけど。嫌なことは嫌といったほうが楽しいってこの年になって気づきました。
あと時にはテレビやネットから離れる等積極的にストレスになるものを避けるのも必要。
ここ何週間かは7月に向けてのいろいろがあってやることがあります。そっちはそこまで嫌ではない。

近年日本映画で好きなのが多くて特に漫画原作のが多いかな。
帝一の國もよかった。永野芽郁さんよく見る。
記事へトラックバック / コメント


保育園義務教育化

2018/04/21 19:38
保育園義務教育化 古市憲寿 著
少子化の中、良質な保育園の充実などで女性が働きやすい環境を作れれば労働力アップなどのメリットがあるという内容。また乳幼児期っていうのがとても大事でその時にいい教育を受ければ将来成功する可能性が高くなるということがデータに基づきありました。著者はよくテレビにも出ていて炎上しやすいタイプの若手系でそういう人は苦手なことが多いんだけど多分喋り方的な要素が大きくて個人的には嫌悪感はないです。

ところで教育っていうと変だけど人を好きにさせる教育みたいなのが必要かと思う。いじめとかって正直なくならないんだろうけどコミュニケーション能力向上の授業なんかが体系的にあると少しでも減らせないかな。人に信頼感持てていたら社会に出たときもいろいろと捗りそうで必要なスキルかと思うんでやはり子供のころの経験って大切ですね。
記事へトラックバック / コメント


最高の休息法

2018/03/24 14:27
世界のエリートがやっている 最高の休息法―「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
(久賀谷 亮 著) 

読んだ本。
やはり何もしなくても疲れるというのには理由があるということです。
以前ほとんど同じ内容の本を読んだことがあったんですけど他のイメージ法なんかも知れてよかったです。小説形式でかなり読みやすいので、疲れやすい人や集中力がない人におすすめです。私自身幼い頃から何かと雑念が多いと思うので。抑うつなんかの場合食事や睡眠に気をつかうことは大前提ですがメンタルトレーニングなどプラスして攻めの姿勢でいなきゃいけないということかと。

今年は温泉行きたいです。


記事へトラックバック / コメント


年上の義務

2018/02/14 14:23
最近よかった本 年上の義務 山田玲司 著

ざっくり言って年上が気を付けるべきことは3つ。「愚痴らない」「威張らない」「ご機嫌でいる」という内容で基本的にはその通りと思える内容だと思う。しかしそういったことができないのが自分含め多いのも事実。スラムダンクとワンピースの対比やワンパンマンを例に出していたあたりが面白かった。(著者は人気漫画家)

去年は本を数多く読もうとしてたけど今年はもっと身になるような読み方がしたい。

あと漫画だとカラダ探し今読んでる。ホラーなのと程よく複雑なのが好き。好きな要素がたくさん入ってる漫画。
記事へトラックバック / コメント


君たちはどう生きるか

2017/12/31 12:43
今年最後の日。酒が苦手で飲む気もないのもあってこの時期なかなかきつかったんですけど今ずいぶんゆったりできてますね。今一番憤怒しているんですけど来年一月は無駄に予定を入れられていることもあって年末年始ちゃんと休んでたいと思っている所です。
実際中心となる立場のほうが楽しそうというのはわかるんですが、あんまり中心になってしゃべってる人を見てもそうなりたいと思わないんですね。もちろん否定はしないし私も好きな人の前ではしゃべりますけど。疲れるんですよねそういう時期。

さて、売れているものには理由があるということで「君たちはどう生きるか」読みました。何に価値を置くかって大事なんですけど年とって人生楽しかったどうかって結局自己責任なわけです。だからやっぱり自分の感情とか意思って大事にしなきゃいけないと思いますよね。人によっては今までの経験なんかで意思表示なんかできないということもあるかと思うんですけど、他人がどうかよりも嫌われる勇気のようなもので「いいえ」ということも大切でやはり自分がどうしたいかを最優先した方がいいっていう感想です。

今年は慣れない事やらされてたのと資格取得の勉強をしてたのが思い出されますね。
記事へトラックバック / コメント


この世界の片隅に

2017/12/16 19:50
体調悪め。鼻炎。
無駄にやることあって知るかボケってなりそうです。

僕もともとアニメが好きだったんですけど最近ほとんど観てなくて君の名は。もアナ雪も観てないです。
で、この世界の片隅に観ました。繰り返し観ることで新しい発見がありそうな濃い映画ですかね。

今年は本を数多く読もうとしてたんですけど、特に普段読まないジャンルの本だとやっぱり繰り返し読まないと勉強にはなりにくいです。
記事へトラックバック / コメント


大学生の発達障害

2017/11/25 17:02
すっかり寒くなったのもありロングスリーパーな日々です。
今までやりたいことが特にないというのが悩みの一つだったわけですが、子どもの頃好きだったことがそういう場合のヒントになるそうです。そうはいっても特に思い浮かばないんですが強いて言えばドラえもんのビデオを観るのが好きでしたね。たしかに今も一人でもくもくとなにかやってる方が生活が安定するんでそういうことかと。ドラえもんはアニマルプラネットとかのホラー感が最高ですよね。

さて、最近読んだ本 大学生の発達障害 (監修)佐々木正美 梅永雄二
それによると発達障害がある人は良くも悪くも独特な主張をする傾向がある。相手が怒るような言葉を使うが本人に悪気はなかったりするとのこと。こういうのって知識として知っていたら良さそうです。
個人的には集団への適応が苦手なんですけど聴覚が過敏っていうのもあるのかなと。
記事へトラックバック / コメント


日本人失格

2017/09/19 17:29
三か月位慣れないこともやっていて、やはりよくわからないことをやるのはストレスなので一日20時間寝てたい感じです。
なかなか面白さっていうのは見いだせないですな。

移動中読んだ本 ロンブー淳 著 日本人失格
日本は同調圧力強くてこのままじゃ成長がないよねとかいう内容。
母親の話なんかが面白くて一時間位で読めます。学生の頃jealkb聴いてました。
記事へトラックバック / コメント


わたしの宝石

2017/05/27 17:33
やることが多い、趣味含め。
やりたくないことが気になって結果ストレスになりがち。

朱川湊人の「わたしの宝石」とか読んでました。水銀虫や月蝕楽園のような暗い話が好きだけど、これはこれで良かったなという感想。
朱川氏の小説は特に子どもとの接し方なんかで大事なことが書かれていて、よく教育的だと思うので好きですね。


記事へトラックバック / コメント


コンテクストオブザデッド

2017/04/08 17:57
振り返ってあれやっておけばよかったっていうのはあまりなくむしろ逆に辞めていればよかったと思うものが多い花冷えの候。

以前観た映画、アイアムアヒーローが時間を感じさせないくらいすばらしい出来で、そのノリで羽田圭介氏のコンテクストオブザデッドを読んだけどそういったよくあるスリリングなのはメインじゃなかったみたい。羽田氏の小説は好きなのでいつもよりじっくり読んだけどなんか難しかった。クリエイターの苦悩とかか。まあたしかにネット検索ばっかって疲れるしそればかりだと得られないものは大きいかもしれないというのは思った。リアルに動いてる人が偉いわけだろうし。
記事へトラックバック / コメント


ヒメアノール

2017/02/24 16:46
今年は100冊以上本を読むという適当なカウントの目標を立てたのでこれでいこうと。
去年は人と多く会うのを目標にやってみたけど案の定疲れた。
今はいつもに増して必要以上に人と会う気力がないです。

で、ヒメアノールの映画を観ました。原作とはだいぶちがう印象でした。暴力シーンはきつめ。
よくホラー小説とかで出てくるのが、自分が不幸だったから関係ない人に害をもたらすやつで、そんなことしてなんになるんだっていう話だけどこの映画ではなんだか可哀想と思ってしまいましたねラスト。ただ凄惨というだけでなくそれを通し見事に訴えかけるものがあったかと。
記事へトラックバック / コメント


鬱屈の瞳

2017/01/07 14:43
2017年一発目。調子が良くないことが多い。

ライチ光クラブの映画観ました。
主題歌がHAKUEIさんだったりしたので。
唯一まともキャラなのもあって中条あやみさんのきれいさが神々しいです。
けっこうぐろいところもあるので、子供の時見てたらトラウマになったでしょう。
記事へトラックバック / コメント


持たない幸福論

2016/10/29 17:22
目的がなくとも一人で行動することが多いんですけど、理由の一つに人と話してて楽しかった経験の欠如があるような気がします。今は基本的に会話はストレスになるので必要だと思うけどあんまりいいかなっていう時期。
それより静かな場所でたくさん本を読みたいです。一応コミュニティー作るようなこともしてるんですけどね、なぜか。

pha著 持たない幸福論を読んで、体力がないに関連したところが共感できました。
記事へトラックバック / コメント


予告犯

2016/10/15 16:57
好きなことがない、またはやりたいことが躊躇してできないようだとこの先心配なわけですが、珍しく福岡にもつ鍋を食べに行きました。
そしたらなんか疲れて他やろうとしてたことはもういいやって。結果楽しかったからいいんですけどね。動き回るのが苦手。

予告犯の映画を観て、原作も読みました。
ラストの真相が作品の肝でしょうが、途中の格差社会や職場でのいじめの描かれる所が心に突き刺さりますね。ただ後味はそんなに悪くないのでおすすめかと。


予告犯 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社
2013-03-25
筒井哲也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 予告犯 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へトラックバック / コメント


足るを知る

2016/09/17 16:48
多くの場合で目に見えない物の方が大事だと思う今日この頃。

人と会うようにしてるんですが昔からそういうのにひどく疲れやすくて吐き気しかしないことも多かったので必要なら場数を踏むことが必要かなと。ある種の恐怖心だけ抱えていくのも問題だしね。探究してまだ生きてる可能性だけでも広げていけたらと思うわけです。

羽田圭介氏のミートザビートとワタクシハを読んで面白かった。時間の消費などのリアリティがあり個人的に疲れる部分もあったけど、羽田氏のこういう感じの小説は好き。
記事へトラックバック / コメント


坪田式教育メソッド

2016/08/27 16:14
年を重ねてくると気を遣われることも増えてくるけど、変に慢心しちゃいけないとビリギャルの本を読んでの感想。

受験テクなどもあるけど、自分を貫くことや、何より信頼関係の築きが財産になってくるわけですね。

自分としても自己実現に向けてちゃんとやっていきたいですね。
記事へトラックバック / コメント


伊坂殺し屋シリーズ

2016/08/13 17:22
暑すぎて休日の過ごし方に答えが出ない中とりあえず沢山本を読みたい季節。

グラスホッパーの映画が面白かった。伊坂幸太郎さんの小説は大体読んでるんだけど、実写化で失敗っていうのはほとんどない気がする。僕普段映画とかでホラーや殺伐とした話が好きでよく佐津川愛美さん見てて好きなんですけど出演しててよかったですね。
記事へトラックバック / コメント


学べば即ち固ならず

2016/04/09 17:59
話題の人工知能の在り方って興味深いですね。某有名政治家の話を聞いてて思いました。

さてふと思ったんですが今2016年で、あれから10年たったと思うといろんな感情が渦巻くものです。
周りが思い通りにいかないときに外に要求し続けるだけでは変わらないと思う昨今。
何の役にも立たないような期間でも、嫌なことへの耐久性を上げるためであり自分中心にならないようにするための我慢だったと思えるようになってきました。
つまりまあ起きたことは全部いいことだとしてしまったほうがいいっていうことなんですけどね。

記事へトラックバック / コメント


夜市

2016/03/14 17:55
スプラッタ系ホラー続けて読んだあと読んだ、恒川光太郎 著 夜市。
好きな要素がたくさんあって、林真理子さんも文句なしの大賞と絶賛しています。
読みやすいしおすすめ。

それはそうと明日東京に行きます。先週から不安でした。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

第1図書室日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる